デザインが学べる無料学習サイト

【知らなきゃマズい】ロゴデザインの相場に数十万円の価格差がある理由

Logo

初心者「ロゴデザインってどうして相場がわかりづらいの?数万から数百万まで金額差があるのはどうして?」

現役フリーランスデザイナーのてれすた(@telesta_design)が、こんな疑問にお答えします!

本記事の内容

  • ロゴデザインの相場に数十万円の差がある理由
  • 同じ条件の場合の安いロゴと高いロゴの違い

この記事を書いている私は、デザイン実務歴5年目のフリーランスデザイナーです。
デザイン専門学校卒業、デザイン会社勤務経験やフリーデザイナーの経験をもとに、記事を書いています。

詳しい経歴はプロフィールをご覧ください

ロゴデザインの相場に数十万円の差がある理由

【知らなきゃマズい】ロゴデザインの相場に数十万円の価格差がある理由

結論、サービス内容が違うからです。

高いロゴの場合は、ブランディングも含めて考えて制作してもらえます。
それだけでなく、デザイナーも一流です。受賞歴や有名会社での勤務経験、クオリティが抜群です。また、商標登録の代行をしてもらえたり、フォントを1から手作りしてもらえたり。

このように、そもそものサービス内容がまるで違います。

金額だけで見てしまうと数十万もの差に驚きますが、高いのが単純なぼったくりではないことが、なんとなくわかってきましたよね。

じゃあ、同じサービス内容の場合はどうなのか?
その場合でも比較してみましょう。

同じ条件の場合の安いロゴと高いロゴの違い

【知らなきゃマズい】ロゴデザインの相場に数十万円の価格差がある理由

さきほど、そもそも内容が全然違うと回答しました。

ではブランディングや商標登録など、余計なものなしで依頼した場合、それでも金額差がでてしまうのはなぜでしょうか?

結論、質的指数(制作者の能力度の指数)がちがうからです。

質的指数とは

制作者の能力度の指数、いわば制作者指数です。
標準的能力の制作者の質的指数を1とし、その標準的制作者と比較しながら、たとえば半人前の能力であれば0.5、5倍だと思えば5というような指数を想定することができます。
引用元:日本デザイナー協会

簡単にいうと「デザイナーのレベルによって単価が変わりますよ」ということです。

質的指数についてなんとなくわかったところで、ココナラを例にもっと理解を深めていきましょう。

安いロゴと高いロゴでは質的指数が違う

現在のココナラのロゴデザイン相場は1万〜20万。

この数十万の金額差が生まれる理由は、デザイナーのプロフィールを見ればわかります。

金額差の理由

  • 受賞歴がある
  • デザイン会社での実務経験がある
  • デザイン業界歴が長い
  • 有名企業案件の実績がある など

このように、デザイナーの価値や能力が高いと”質的指数”は高くなります。

ゆえに、ロゴデザインの金額も、初心者デザイナーに比べて高くなるということになります。

よくある質問:受賞歴があってもクオリティが高いようには見えない

「受賞歴があって実務経験がある人が高いのはわかったけど、クオリティだけで見ると、そんなに差があるように見えない」という方もいますよね。

この場合、ちょっと説明が難しいので、高い金額のロゴをよーく見てみてほしいんです。

  • 既存のフォントではなく、1からパスで書体つくってませんか?
  • ロゴのコンセプトまで計算されて、つくられていませんか?

おそらく、上記のような手間ひまがかかっているはずです。

「同じように見えても、実は同じじゃない」

これは、ある程度経験を積んだデザイナーじゃないとわからない差です。

わずかな差に興味がある方は、Twitterで「さとうコージィ」さんとか見てみると勉強になります。参考にどうぞ。

このわずかな手間ひまの差が、素人にはだせないプロっぽさにも繋がります。

【中上級者向けおまけ知識】広告代理店はもっと高い

【知らなきゃマズい】ロゴデザインの相場に数十万円の価格差がある理由

ここまでココナラを例に解説しましたが、広告代理店だとちょっと事情がかわってきます。

ココナラは、大半の方が副業や個人の方ですよね。そのため余分な経費はカットできているので、高くても20万とかで依頼できます。

じゃあ、ココナラ以外だとどうかと言うと、これまた事情が異なります。

制作会社に依頼すると

  • 営業、ディレクター、デザイナーなど複数人で対応してくれるようになります。その分手厚いサービスを受けられますが、人件費も上乗せされていきます。

広告代理店に依頼すると

  • 制作は「制作会社」に外注されるので、制作会社の費用+広告代理店の費用となり、めちゃ高額になります。
  • ブランディングやコンセプトも考えて、企画書を作り、プレゼンで複数案提案してから制作するのが当たり前なので、提案費だけでもかなりの金額になってしまいます。
  • 提案は複数社を交えたコンペになることもあります。そうするともう相場なんてガン無視した費用になっていきます。

ちょっとむずかしい話ですが、これが数万から数百万まで金額差がでる本当の理由です。

SNSでデザインの知識を発信をしています

» Twitter(デザイン知識の発信や、日常の活動を発信しています)
» standfm(スキマ時間に音声でデザインを学べます)