【現役が語る】フリーランスデザイナーがやりがいを感じる瞬間トップ3

【現役が語る】フリーランスデザイナーがやりがいを感じる瞬間トップ3

フリーランスデザイナーに興味があるんだけど、ぶっちゃけ楽しいのかな?

「もしもデザイナーになったら…」って想像してみたいから、やりがいを感じる瞬間を教えてほしい!

こんな疑問に、フリーランスデザイナーのてれすた(@telesta_design)がお答えします!

デザイナーがやりがいを感じる瞬間トップ3

【現役が語る】フリーランスデザイナーがやりがいを感じる瞬間トップ3

デザイナー歴7年、フリーランス歴2年半の私が、これまでにやりがいを感じた瞬間はたくさんあります。

そのなかで特にやりがいを感じた瞬間トップ3は、下記のとおりです。

やりがいを感じた瞬間トップ3

  • 第一位 クライアントにものすごく喜んでもらえたとき
  • 第二位 自分のデザインが活躍しているのをみたとき
  • 第三位 デザインで稼ぐことができたとき

順番に解説していきます。

第一位 クライアントにものすごく喜んでもらえたとき

【現役が語る】フリーランスデザイナーがやりがいを感じる瞬間トップ3

クライアントに喜んでもらえた瞬間というのは、やはり一番嬉しいものです。

特に「わぁ…!ありがとう!とってもいいね!!!」このレベルで喜んでもらえたときが一番嬉しいです。

デザインは、クライアントの先の利用者を考えて作らなければいけません。

しかし、なかなか利用者が使ってくれている場面を見ることはできません。

だからこそ、クライアントがめちゃくちゃ喜んでくれる姿を見るのが、実はとっても嬉しいのです。

ヒアリングの段階では、「自分に満足いくものが作れるだろうか…」と不安だったりします。

そんな不安を抱えたまま、あーじゃないこーじゃないと時間をかけて修正をしていくわけです。

作っている最中は不安でいっぱい。

そんな状態でなんとか納得のいくものを作り上げ、クライアントに見せた時。

わぁ…!ありがとう!とってもいいね!!!

こんな風に喜んでもらえたら、やっぱり嬉しいですよ。

頑張ってよかった!デザイナーでよかった!

そう思うんです。

誰かに喜んでもらう。

普通なようですが、やはりこれが一番のやりがいです。

第二位 自分のデザインが活躍しているのをみたとき

【現役が語る】フリーランスデザイナーがやりがいを感じる瞬間トップ3

デザイナーを夢見て、デザイン専門学校に通っていたとき。

「いつか自分の作ったデザインが、表舞台で活躍しているところを見てみたい」そう思っていました。

デザイン専門学校の頃は、デザインを練習するものの、すべて架空の設定の中で制作していくものばかり。

実際に現実で使われることはありません。

「いつかプロになったら、自分のデザインを大きな舞台で…!」それがデザイナーになりたい理由でもありました。

今思えばなんて自分よがりなんだと思いますが、学生なのでそんなものです。

そしてプロのデザイナーになり、自分のデザインしたものが表舞台で活躍するのを見ました。

みんなで一生懸命作った冊子が、綺麗に印刷されて、刷りたてのインクの匂いがまだある状態で手元に来たんです。

わぁ…!すごい自分のデザインしたやつだ!

こんな感じに思ったのを覚えています。

今の時代、デザインしてもネット上でしか使われないこともほとんど。

だからこそ、印刷されたものを見たときはとても嬉しかったです。

あぁ…これが何十万世帯の家庭に届くのか…

そう思うと、これからも頑張らなかきゃなと思いました。

第三位 デザインで稼ぐことができたとき

【現役が語る】フリーランスデザイナーがやりがいを感じる瞬間トップ3

これはフリーランスになってから感じたやりがいです。

制作会社でデザイナーとして働いている時は、たとえ成果を出していなくても給料がもらえます。

しかし、フリーランスデザイナーとして独立してからは、デザインで成果を出さなければ無給です。

案件を取らなければいけない。
満足のいくデザインを作らなればいけない。

そんな過酷な状況の中で、フリーランスとして初めてデザインでお金をもらうことができた瞬間。

デザインでお金を稼ぐことができた…!人の役に立てた!

とても嬉しかったです。

今ではデザインでお金を稼ぐことは、できて当たり前になってしまいましたが、それでもお金を稼げるという喜びは持ち続けています。

初めての案件。

デザインの質問に答えるという簡単なものでしたが、それでもとても強い記憶として頭に残っています。

やりがいがあるから、デザイナーを続けられる

【現役が語る】フリーランスデザイナーがやりがいを感じる瞬間トップ3

というわけで、今回は以上です。

デザイナーというお仕事は、なかなか厳しい道で挫折する人も多いように感じます。

それでも、「このために自分は頑張っているんだ」と思える"やりがい"を持てるかどうかが重要な気がします。

「クライアントが喜んでくれるのが好き」「人に教えるのが好き」など、自分なりのやりがいを見つけられたら、デザイナーを楽しく続けていけるんじゃないかなと思います。

デザイナーになりたい人、デザイナーの人も、やりがいを見つけて頑張って見てください。

きっと、より良いデザイナー人生が歩めるはずです。

それでは!

あわせて読みたい記事

-フリーランス
-