デザインが学べる無料学習サイト

【完全無料】ロゴデザイン制作におすすめのフリー素材サイト厳選3選

Logo

初心者「ロゴデザインをつくるときにオススメのフリー素材が知りたい!使うときの注意点も教えてほしいな。」

現役フリーランスデザイナーのてれすた(@telesta_design)が、こんな疑問にお答えします!

本記事の内容

  • おすすめのフリー素材サイト厳選3選
  • フリー素材を使う際の注意点
  • フリー素材の活用方法

この記事を書いている私は、デザイン実務歴5年のフリーランスデザイナーです。
デザイン専門学校卒業、デザイン会社勤務経験やフリーデザイナーの経験をもとに、記事を書いています。

詳しい経歴はプロフィールをご覧ください。

ロゴデザイン制作におすすめのフリー素材サイト厳選3選

おすすめのフリー素材サイトは下記の3つです。

おすすめのフリー素材サイト

どこも有名なサイトですが、なぜおすすめなのか順番に解説していきます。

freepik

【完全無料】ロゴデザイン制作におすすめのフリー素材サイト厳選3選

freepikは、写真やイラストなどさまざまなフリー素材を提供しているサイトです。良質な素材ばかりで、基本的には無料で利用することが出来ます

有料になった場合の特典は、下記のとおりです。

有料会員の特典

  • ダウンロードの回数制限なし
  • すべての素材が使用可能
  • 優先サポート
  • 広告表示なし など

有料会員の費用は、月額約1200円ほどと比較的安め。

ロゴデザイン以外にも、写真素材やイラスト素材も豊富にあつかっているため、無料会員になっておくと便利です。

Adobe Stock

【完全無料】ロゴデザイン制作におすすめのフリー素材サイト厳選3選

Adobe Stockは、さきほどと同様に、写真やイラストなどさまざまなフリー素材を提供しているサイトです。

デザインソフトのIllustratorなどを提供している「Adobe社」のサービスです。こちらも基本無料で利用できますが、有料になった場合の特典は下記のとおりです。

有料会員の特典

  • 有料素材が利用可能になる
  • 個別にライセンス購入するより安くなる など

Adobeというだけあって、クオリティはかなり高いものになります。

しかし、最安値プランでも月3,480円ほどかかるため、まずはfreepikを利用してみることをおすすめします。

イラストAC

【完全無料】ロゴデザイン制作におすすめのフリー素材サイト厳選3選

イラストACは、上記2サイトと同様に、写真やイラストなどさまざまなフリー素材を提供しているサイトです。

こちらも基本無料で利用できますが、有料になった場合の特典は下記のとおりです。

有料会員の特典

  • ダウンロードの待ち時間なし
  • プレミアム素材利用可能
  • まとめてダウンロード可能
  • 姉妹サイトでも使える
  • 検索回数無制限 など

一般の方が制作した素材が中心となるため、クオリティは他の2サイトより劣ります。

しかし、月1,157円と格安で有料特典も豊富なため、初心者に一番おすすめしたいサイトです。

デメリットとして、ロゴとして使えそうな素材は少なめです。写真やイラスト素材は豊富ですが、ロゴ素材だけがほしい!という場合は、他2サイトを使用したほうがお得になります。

ロゴデザイン制作にフリー素材を使う際の注意点

【完全無料】ロゴデザイン制作におすすめのフリー素材サイト厳選3選

ここまでおすすめのサイトをご紹介しましたが、どのサイトを利用する場合にも、注意しなければならないことがあります。

それが、著作権の問題です。
フリー素材は、商用利用OKのものなら、ビジネスに活用してもいいという事になっています。しかし、下記のような場合は注意が必要です。

  • すでに似たロゴが存在している
  • そのロゴは商標登録済みである

この場合は、サイトでは商用利用OKと書いてあっても、著作権侵害となってしまいます。

そのため、ロゴマークなどに使用することは避けておいたほうが安心です。

ちなみにフリーフォントの場合も、商標登録不可のフォントが存在します。たとえばモリサワフォントはすべてNGです。商用利用と商標登録は全くの別物なので、フリー素材の扱いは注意するようにしましょう。

もし「著作権って難しいな」と感じる場合は、理解できるまではフリー素材をロゴに使用するのは、やめておくことをおすすめします。

まとめ

それでは、今回の内容をまとめます。

おすすめのフリー素材サイトは下記の3つです。

おすすめのフリー素材サイト

どこも無料で使えるおすすめのサイトです。

ただし下記に該当する場合、ロゴにフリー素材を使用することは避けましょう。

  • すでに似たロゴが存在している
  • そのロゴは商標登録済みである

利用規約をしっかりと読み、正しく活用するように心がけましょう。

SNSでデザインの知識を発信をしています

» Twitter(デザイン知識の発信や、日常の活動を発信しています)
» standfm(スキマ時間に音声でデザインを学べます)