【サクッと依頼】オンラインでデザインを依頼できる3サイト

【サクッと依頼】オンラインでデザインを依頼できる3サイト

デザインを依頼したいけど、どこに依頼すればいいんだろう?

依頼できるサイトって、どこがおすすめなの?

こんな疑問に、フリーランスデザイナーのてれすた(@telesta_design)がお答えします!

初めてデザインを依頼しようと思っても、検索で出てくるサイトが多すぎて、どこに依頼したらいいのかよくわかりませんよね。

そこで今回は、デザイン業界歴7年の私が、おすすめのサイトを厳選してきました。

デザインを依頼する際の参考になれば嬉しいです。

こちらの記事もおすすめ

初めてのデザイン依頼におすすめのサイト

【サクッと依頼】オンラインでデザインを依頼できる3サイト

初めてのデザイン依頼におすすめのサイトは、この3つです。

デザイナーを指名して依頼したい場合は「ココナラ」、コンペ形式でたくさんのデザインをみたいなら「クラウドワークス」「ランサーズ」を選びましょう。

安く依頼したいなら「ココナラ」もおすすめだよ!

それぞれの特徴をご紹介していきます。

ココナラの特徴

【サクッと依頼】オンラインでデザインを依頼できる3サイト

ココナラは、今回紹介する中で唯一「デザイナーを指名して依頼していく形」です。

下記のように、毎日たくさんのデザイナーが仕事を募集しています。

この中から「金額・内容・クオリティ」を比較して、自分好みのデザイナーさんを選び依頼することができます。

【サクッと依頼】オンラインでデザインを依頼できる3サイト

どれもとっても素敵なデザインばかり!迷うな〜

他のサイトでも直接指名はできるのですが、基本は仕事を募集して応募のあった方の中から決めていく形です。

「自分で選びたい」「たくさんの応募は必要ない」という場合は、ココナラを利用するのがいいかと思います。

ココナラは相場が一番安くて、好きなデザイナーさんを指名できるんだね!

ココナラ公式サイトTOPへ

クラウドワークスの特徴

【サクッと依頼】オンラインでデザインを依頼できる3サイト

クラウドワークスは、「依頼したい内容を公開してデザイナーを募集する形」です。

募集できる内容は多数。

デザイン以外にも「サイト制作やライティング、データ入力」まで、下記のようにさまざまな依頼をすることができます。

相場は今回紹介する中で、中間の価格帯になっています。

【サクッと依頼】オンラインでデザインを依頼できる3サイト

ココナラと違うのは、コンペ形式が使えること。

デザインしてほしい内容を提示してコンペを開催することで、たくさんのデザイナーが実際にデザインを作り応募してくれます。

実際のデザインを見てから決めることができるので、デザイナー選びに失敗することはありません。

1人に依頼して安く抑えたいならココナラ、コンペで複数案みたいならクラウドワークスだね!

クラウドワークス公式サイトTOPへ

ランサーズの特徴

【サクッと依頼】オンラインでデザインを依頼できる3サイト

ランサーズは、「依頼したい内容を公開してデザイナーを募集する形」です。

クラウドワークスとかなり似ています。

クラウドワークスと同様に、デザイン以外にも「マーケティングや営業活動」まで、下記のようにさまざまな依頼をすることができます。

相場は今回紹介する中で、一番高い価格帯になっています。

とはいえ元々どれも安すぎるぐらいの相場なので、制作会社に依頼するより圧倒的に安いです。

【サクッと依頼】オンラインでデザインを依頼できる3サイト

クラウドワークス同様、コンペが使えます。

どちらを選んでもそこまで変わらないので、無料期間を利用して実際の使用感を確かめてみるのがいいかと思います。

ランサーズ公式サイトTOPへ

制作会社と何が違うのか

【サクッと依頼】オンラインでデザインを依頼できる3サイト

今回紹介したサイトは、すべてクラウドソーシングサービスと言われるものになります。

一般的な制作会社ではありません。

クラウドソーシングとは、仕事を依頼したい方が、オンライン上でデザイナーに直接依頼できるサービスのことです。

もっとわかりやすく言うと、フリーランスデザイナーに依頼できるサイトなんです。

なぜ制作会社ではなくクラウドソーシングをおすすめするのか、理由は下記のとおりです。

クラウドソーシングをおすすめする理由

  • サクッと手軽に依頼できる
  • 短期間で納品してもらえる
  • たくさんのデザイナーの中から、指名依頼できる
  • クオリティが高い
  • 元制作会社のデザイナーが多く在籍している

上記のとおりです。

安いから質が悪いと思われがちですが、実は制作会社とほぼ同じクオリティなんです。

元制作会社のデザイナーは、ある程度スキルがつくと独立してフリーランスになります。

そしてフリーランスになった人は、クラウドソーシングで仕事をするケースも多いため、クラウドソーシングも制作会社並みにクオリティが高いんです。

つまり、どっちに依頼しても同じぐらい クオリティが高いということです。

どっちも同じクオリティなら、安くて手軽な方がいいよね!

なぜ制作会社の方が高いのか?

同じぐらいのクオリティなのであれば、なぜ制作会社の方が高いのでしょうか?

理由は簡単で、制作会社には「人件費や経費など」会社を維持するための費用がかかるため、1つのデザインを作るにしてもコストがかかります。

また、1つの案件に複数人で対応するため人件費も多くかかります。

「デザイナー、ライター、営業、ディレクター」など、それぞれのプロが対応してくれるので、デザイン以外の質も高いのが特徴です。

その代わり、高いんです。

手厚い対応をしてほしいのであれば、制作会社を選びましょう。

デザイナーはデザインスキルは優秀ですが、営業などのプロではありません。

手厚い接客をしてほしいと思うのであれば、制作会社の方がいい可能性が高いのです。

とはいえ、デザイナーで接客が得意な人もいますし、提案がうまい人も、話がうまい人もいます。

そういうデザイナーがクラウドソーシングにいない訳ではないので、自分で見つけられるのであればクラウドソーシングがいいですね。

安く抑えたいならクラウドソーシング、手厚い対応が欲しいなら制作会社だね!

ご自身の求める方を、選んで見てくださいね。

-デザインを依頼する
-