デザインが学べる無料学習サイト

デザイナーの種類25選【2020年版人気ランキング順】

デザイン

初心者デザイナーって細かく分類すると、実際はどのぐらいの種類があるの?

てれすた人気なものだけならだいたい25種類ぐらいかな~?

初心者え!そんなに!それぞれどんな違いがあるの?

てれすたじゃあ詳しく解説していくね。

【職業人気ランキング順】デザイナーの種類一覧

デザイン業界の人気職業ランキング

今回は職業人気ランキング順に、デザイナーの種類を紹介します。

※飛ばされている順位の箇所は、デザイン以外の職業です。

なおランキングは2020年6月現在の集計結果に基づき、13歳のハローワーク公式サイトより引用しています。全ランキングを確認したい方は下記よりご確認ください。

引用元:13歳のハローワーク公式サイト人気職業ランキング

それでは早速紹介していきます!

 

人気ランキング10位・ゲームクリエイター

ゲームクリエイター

デザイン業界で1位人気のゲームクリエイター

ゲームの企画から制作まで全般を担当する様々な職種の総称です。ゲームクリエイターを細分化すると、下記のように分かれます。

  • 企画担当
  • CG・グラフィック担当
  • システム・プログラミング担当
  • サウンド担当 など

それぞれの担当に分かれて制作を行い、チームで一つのゲームを作り上げていきます。

 

人気ランキング11位・ファッションデザイナー

ファッションデザイナー

デザイン業界で人気ランキング2位のファッションデザイナー。

洋服のデザインをするお仕事です。海外でのブランド化を目指す方もいれば、アパレルメーカーでその企業の特徴を汲んだデザインをする場合もあります。人気の職業なので、競争率は非常に高いです。

 

人気ランキング14位・イラストレーター

イラストレーター

絵を描くことが好きな方から絶大な人気を誇るイラストレーター。デザイン全体では人気ランキング第3位です。

主にイラストを描くことが仕事です。広告や雑誌に使用するイラスト、キャラクターなどを制作します。人気イラストレーターとなれば、独立することも十分可能な職業です。最近ではアナログではなくデジタルイラストが主流になります。Illustratorのパスを使ったイラストも需要が高く、実は絵心のない人でもなれる職業なんです。

 

人気ランキング17位・建築家

建築家

様々な建築物のデザインを行う職業です。家やビル、複合施設などのデザインから、街全体のデザインまでできる夢のある仕事です。ただし、建築家は建築工事や管理なども請け負うため、国家資格の取得が必須です。下記のうちのいずれかを取得する必要があります。

必要な国家資格

  • 一級建築士
  • 二級建築士
  • 木造建築史

 

人気ランキング24位・アニメーター

アニメーター

海外からも評価が高い日本のアニメ。これらの制作を担当する人たちをアニメーターと呼びます。アニメだけでなく、CMや映画、ゲームなどに使用されるアニメーションを制作することもあります。現在はデジタルで制作することがほとんどですが、一部アナログの技法を使う場面もあります。

 

人気ランキング55位・ゲームグラフィックデザイナー

ゲームクリエイター

主にゲームで使用するグラフィックを制作するお仕事です。登場人物や背景などを制作する。イラストが描ける能力に加え、パソコンのスキルも必須です。また、プログラミングスキルも持ち合わせていた方がいいお仕事です。3D・CG技術も必須になる為、様々な勉強が必要な業種です。

 

人気ランキング57位・フラワーデザイナー

フラワーデザイナー

花を扱うお仕事です。主にパーティーや結婚式などを花で飾ったり、花束をデザインするお仕事です。その他にも、花を使用した装飾や、生け花門的な知識はそこまでいりませんが、色彩のセンスや知識を持っていると有利です。

 

人気ランキング60位・グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナー

チラシやポスターなどの広告や、看板、書籍など様々なデザインを行うお仕事です。紙媒体は需要が少なくなっていますが、WEB広告など活躍の場は多くあります。紙がなくなったとしても、看板デザインやWEBなどのデザインは消えることはないです。デザイナーで認められれば、ディレクターに昇格することができます。ディレクターなら、企画の段階から携わることができるので、また違うやりがいを持つことができますよ。

【完全保存版】グラフィックデザイナーとは?年収・資格・スキルなど

 

[jin-fusen3 text=”ちなみに”]

私はデザイナーとディレクターを経験しています。

デザイナーは指示通りに制作することが多いですが、制作の楽しさがあり、

ディレクターは企画していくことの楽しさがあります。どちらもおすすめです。

 

人気ランキング62位・CGクリエイター

CGクリエイター

主にゲーム内で使用するCGイラストや動画を制作するお仕事です。その他にも、映画やテレビ、ゲーム、デザイン、イラストなど様々場所で活躍できます。

CGを制作するにはパソコンスキルは必須です。操作方法などもきちんと習得しておく必要があります。CG検定などもとっておくことが必要な企業もあります。

 

人気ランキング68位・インテリアデザイナー

インテリアデザイナー

身近なものだと家具や照明などのインテリア用品をデザインするお仕事です。使い勝手やデザイン性を考慮する能力が必要です。最近では雑貨のデザインなどもあるので、男女問わず活躍できます。家具のデザイン以外にも、インテリア空間をデザインすることもあります。

ちょっと専門的な仕事なので、できればインテリア設計士の資格があった方がいいですね。

 

人気ランキング71位・画家

画家

いわゆるアーティストです。美大に行くことがほとんどかもしれませんが、画家になれるかどうかは自分次第。一番センスと実力がものをいうお仕事かもしれませんね。

有名になって売れることが最も重要なので、デザイン業界では一番厳しい職業かもしれません。有名でなくても、絵画教室の講師などを務めて生計を立てる方法もあります。

 

人気ランキング72位・絵本作家

絵本作家

先ほどの画家と似ていますが、こちらは絵本専門のお仕事です。絵本の挿絵を描いたり、ストーリーまで考えて出版したりします。かわいらしい優しい雰囲気が人気なので、女性デザイナー比率が一番高かったりします。特に資格も必要ないため、イラストが得意であれば、参入しやすいお仕事です。

 

人気ランキング83位・ネイルアーティスト

ネイルアーテイスト

こちらは圧倒的に女性が多い職業です。サロンに就職して技術を学んだり、専門学校で学んで資格を取るパターンが多いです。手先の器用さが求められるお仕事です。色合いなどのセンスも問われるため、技術とセンスを磨く必要があります。資格は必須ではありませんが、持っていた方が有利です。

 

人気ランキング・圏外

  • テキスタイルデザイナー
  • DTPデザイナー
  • WEBデザイナー
  • WEBコーダー
  • プロダクトデザイナー
  • エディトリアルデザイナー
  • UI/UXデザイナー
  • パッケージデザイナー
  • ディレクター
  • 制作進行管理
  • コピーライター
  • 校正・校閲 など

 

 

デザイナーの種類25選【2020年版】:まとめ

今回は人気職業ランキング、100位以内に入選した職業を中心にご紹介しました。

気になる職業はありましたか?後日、さらに詳細にふれた記事を更新しますね。

それでは!