デザインが学べる無料学習サイト

デザイン初心者にセンスがないのは当たり前【センスを磨く4つの方法】

デザイン

初心者ぼくセンスないなぁ…デザインが全然上手くできないよ。センスある人と何が違うんだろう…?

 

こんな疑問にお答えしていきます。

本記事では、デザイナーになりたい方向けに、デザインのセンスとは何かを説明します。また、デザインセンスを上げる方法も一緒にご紹介します。

デザイン初心者にセンスがないのは当たり前

デザイン初心者にセンスがないのは当たり前【センスを磨く4つの方法】

先日、下記のツイートをしました。

デザインが上手くいかないと、自分センス無いって思うし、周りが凄く見えて劣等感半端ないよね。

でも数こなすと、自分らしさが生まれて、それが自分のセンスに変わっていくんだよね。

まずはパクリでも何でもいいから、デザインを作り続けてみて。そうすれば自分らしいデザイン、センスが見つかる。

今回は、上記のツイートについて、少し深堀していきたいと思います。

 

デザインを勉強し始めた頃って、「私センスないなぁ」と思ってしまうはず。

でもそれは当たり前。なぜならセンスはたくさん経験して、やっと身につくものだから。

だからこそ、デザインの練習や実践をたくさんこなしていく必要があるんです。

センスのある人=努力家

周りでセンスのある人を思い出してみてください。

メイクが上手な人、ファッションセンスがピカイチの人、ゲームが上手い人。

その人達は、そのセンスを磨くために、普通の人より何倍も努力しているはずです。

初心者そっか、最初からできる人なんていないんだね

てれすたみんなその道を極めた結果、センスあるって言われているんだよ

稀に、最初からセンスがある人がいたりする

デザイン専門学校に通っている人はわかると思いますが、同時期に学び出した人の中でも、めっちゃデザイン上手い人とかがいます。

そんな人達は、幼い頃から下記の特徴があったりします。

  • 小さな頃から絵を描くのが好きだった
  • 美術の授業が得意
  • 可愛いパッケージが好き
  • ポスター課題などが得意だった

これらの特徴は、デザインの能力に結構近いものがあります。

ポスターや美術が得意なら、デザインも得意である可能性が高いですし、パッケージみるのが好きなら、自然とインプットしまくってたということになります。

今までの人生ずっとそれをしてきた人が、最初の伸びが早いのは当然ですよね。

最初からすごい人は、デザインを学ぶもっと前から自然と努力してたってことです。

デザインのセンスを磨く方法

デザイン初心者にセンスがないのは当たり前【センスを磨く4つの方法】

稀にすごい人はいますが、ほとんどの人はセンスに自信ないですよね。

そこで今回は、センスを磨くための方法を4つご紹介します。

  • とにかくデザインの練習量を多くこなす
  • 身近なデザインをインプットしまくる
  • ココナラで簡単な実績を作る
  • 第三者にデザインをみてもらう

それでは、それぞれ順番に説明していきます。

とにかくデザインの練習量を多くこなす

とにかくたくさんデザインを作って、作って、作りまくる。

そうすると、デザインのセンスも力もアップしますよね。

デザインが上手くなればなるほど、自分の特徴も出せるようになるし、自然とセンスある人になれているはずですよ。

身近なデザインをインプットしまくる

以前、下記の記事でもご紹介しましたが、身近のデザインを見て、

  • どうやって作ってるか?
  • 素材は使っているかな?
  • 文字組みはどんな風になっているだろう? など

プロの技を、見て学ぶんです。そしてデザインに活かしてみると、どんどんレベルアップできますよ。

ココナラで簡単な実績を作る

ある程度デザインができるのであれば、実際にデザインの仕事を始めてもいいですね。

ちょっと勇気がいるかもしれませんが、ココナラなら簡単なデザイン案件もあります。

下記の内容だったら、比較的簡単にできると思うので、販売してみるといいですよ。

  • サムネイル作成(ココナラ内の相場1,000円〜2,000円)
  • バナー制作(ココナラ内相場2,000円〜5,000円)
  • 地図制作(2,000円〜3,000円)
  • 名刺、ショップカード(3,000円〜15,000円)

>>無料会員登録はこちら(ココナラ公式サイトへ移動します)

ココナラで稼ぐ方法も紹介しているので、気になる方はそちらも合わせて確認してみてくださいね。

第三者にデザインをみてもらう

これも結構大事です。

どうしても自分一人で作っているだけではモチベーションが持ちませんよね。

そこでおすすめなのが、サロンやTwitterで誰かにみてもらうこと。

デザインサロンなら仲間と講師にみてもらえる

今はまだ少ないですが、最近デザイン専門サロンが出てきましたね。

月いくらかで講師に添削してもらえるので、作るだけでなく、確実にレベルアップもできますね。

Twitterなら大勢の人にデザインをみてもらえる

作ったデザインを、Twitterで公開してみてください。

同じ仲間ができますし、上手にできれば褒めてもらえる。そして拡散してもらえるかもしれません。

それに誰かに見せるとなると、デザインにも力が入りますよね。

その結果、良いものができるので、ぜひ誰かにみてもらいましょう。

まとめ

いかがでしたか?

センスないって思っている人がたくさんいるのは当たり前です。

努力が人一倍できた人だけが、センスのある人になれますよ。

それでは!