デザインが学べる無料学習サイト

【簡単3ステップ】ロゴデザインのシンボルマークをつくる方法

Logo

初心者「ロゴデザインのモチーフ?シンボルマークってどうやって作るの?なんだか難しそうだなぁ。」

こんな疑問にお答えしていきます。

先日こんなツイートをしました。

このツイートにあるように、ロゴデザインのシンボルマークを作り方をご紹介していきます。

この記事を書いている私は、デザイン実務歴5年目のフリーランスデザイナーです。
デザイン専門学校卒業、デザイン会社勤務経験やフリーデザイナーの経験をもとに、記事を書いています。

詳しい経歴はプロフィールをご覧ください。

ロゴデザインのシンボルマークとは?

【簡単3ステップ】ロゴデザインのシンボルマークをつくる方法

ロゴのシンボルマークとは、企業や団体の象徴となるマークのことです。

たとえばギフト村の場合、プレゼントボックスがシンボルマークです。

【簡単3ステップ】ロゴデザインのシンボルマークをつくる方法

このように、ロゴの象徴となるマークのことを、シンボルマークと呼びます。

今回は、このシンボルマークのつくり方をご紹介していきます。

ロゴデザインに必須のシンボルマークの作り方

シンボルマークは下記の流れでつくっていきます。

3ステップ!シンボルマークのつくり方

  1. コンセプトからキーワードを抽出
  2. キーワードからモチーフをえらぶ
  3. モチーフからシンボルマークをつくる

それでは順番に解説していきます。

コンセプトからキーワードを抽出

まずはロゴをつくる際に欠かせない、コンセプトを確認しましょう。

コンセプトからキーワードを抽出することで、テイストや目的がぶれなくなります。

たとえばギフト村の場合、

  • 愛情、幸福感、贈り物、ギブの精神 など

これらがコンセプトから抽出したキーワードになります。

コンセプトをよく確認して、キーワードを抽出してみましょう。

コンセプトを忘れていたり、無視して制作してしまうと、ブランドのイメージと合わないロゴになってしまうので注意。

コンセプトからモチーフをえらぶ

【簡単3ステップ】ロゴデザインのシンボルマークをつくる方法

キーワードが抽出できたら、

そのキーワードを連想できるモチーフはなにか?考えてみましょう。

ギフト村の場合、

  • 贈り物=プレゼントボックス、ハート、手紙 など

今回は、贈り物を連想しやすいように、プレゼントボックスをモチーフに決めました。

モチーフからシンボルマークをつくる

【簡単3ステップ】ロゴデザインのシンボルマークをつくる方法

ここまできたら、次はいよいよ制作です。

ここまででのステップで、贈り物=プレゼントボックスというように導き出していきましたよね。

そのプレゼントボックスを、下記のようにさまざまなテイストで作り込んでいきます。

  • 丸くしたり
  • 立体的にしたり
  • フラットにしたり
  • 複雑化したり
  • もっとちがう形を生み出したり

いろいろな形を考えて、つくって、試行錯誤してみてください。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、シンボルマークの作り方、流れについて解説してきました。

ただ、流れだけわかっていても力にはなりません。

試しに作ってみることで、初めて自分の力になりますよ。

▼全然上手くいかない!そんなときは、下記の記事も参考にしてみてくださいね。

▼デザイン本なら、下記で紹介している本がおすすめです。

それでは!

SNSでデザインの知識を発信をしています

» Twitter(デザイン知識の発信や、日常の活動を発信しています)
» standfm(スキマ時間に音声でデザインを学べます)