デザインが学べる無料学習サイト

ロゴデザインの費用相場を徹底比較【個人やフリーランスで違いは?】

Logo

初心者「ロゴデザインを作りたいんだけど、一般的な価格、相場っていくらぐらいなんだろう?」

現役フリーランスデザイナーのてれすた(@telesta_design)が、こんな疑問にお答えします!

本記事の内容

  • ロゴデザインの相場
  • ロゴデザインの費用の内訳

この記事を書いている私は、フリーランスデザイナーです。
デザイン会社勤務経験やフリーデザイナーの経験をもとに、記事を書いています。

詳しい経歴はプロフィールをご覧ください。

ロゴデザインの相場は、非常に幅が広い

ロゴデザインの費用相場を徹底比較【個人やフリーランスで違いは?】

実は、デザインには正確な相場がありません。

正確な金額を知るには、見積もりを依頼するのが一番ですが、なんとなくでもいいから金額感を把握しておきたいですよね

そこで今回は、だいたいの相場がわかるように、依頼先別に相場をお答えしていきます。デザイン依頼の参考にどうぞ。

ロゴデザインの相場

ロゴデザインの費用相場を徹底比較【個人やフリーランスで違いは?】

だいたいの相場感は下記のとおりです。

ロゴデザインの相場表

  • 趣味・副業:1~10万円
  • 個人・フリーランス:5~30万
  • 制作会社:15~50万
  • 広告代理店:50~100万

表を見てわかるように、かなりの金額差がありますよね。順番に解説していきます。

趣味・副業:1~5万円

ここが一番安く依頼できます。ただし、プロではないのでクオリティはやや低めです。

こんな方におすすめ

  • とにかく予算をかけたくない方
  • クオリティにはこだわらない方

個人・フリーランス:5~20万

次に安く依頼することができます。
でも実は、ここが一番の狙い目だったりします。(秘密です)

業界のプロが、独立してフリーランスデザイナーとして活動していることが多いため、クオリティが非常に高いんです。

こんな方におすすめ

  • 低予算で高品質なものが欲しい方
  • クオリティにこだわりたい方

制作会社:15~30万

制作会社に依頼するとなると、数万では難しくなってきます。

理由としては制作会社は営業、ディレクター、デザイナーのチームで動くことが多いため、人件費などが余計にかかってしまうんです。

ただし、その分クオリティは最高です。安い制作会社でなければ、よほど失敗はしないでしょう。

こんな方におすすめ

  • 確実にハイクオリティのものが欲しい方
  • 予算に余裕がある方

広告代理店:50~100万

広告代理店は、デザインを下請けの制作会社に外注します
そのため、単純に考えれば2社分の費用が必要になり、めちゃ高いです。

しかし、広告代理店に依頼することで、全てのデザインを一括で任せることができます。

たとえばロゴなら、ブランディングや、コンセプト、マーケティング視点での提案を受けられます。一緒にWEBを作ったりすることも可能です。企業さんなら、広告代理店というのも一つの手です。

こんな方におすすめ

  • 予算にかなり余裕がある方
  • 高くてもいいから、全てを任せたい方

なぜここまで金額が違うのか

さて、ここまで依頼先別に相場をご紹介してきました。
金額の差や、100万という金額に驚いたと思います。

それでは、10~100万という金額の内訳はどうなっているのでしょうか?
こちらも合わせて確認していきましょう。

ロゴデザインの費用の内訳

ロゴデザインの費用相場を徹底比較【個人やフリーランスで違いは?】

内訳は下記のとおりです。

ロゴデザイン費の内訳

  • デザイン制作費(作業料)
  • 修正費(作業料)
  • 付加価値料(能力、知名度)
  • 諸経費

会社によってさまざまですが、だいたいはこんな内訳になります。

デザイン制作費(作業料)

デザインにかかる時間分の作業料になります。提案数が多いほど、ここの費用も高くなります。

修正費(作業料)

デザインを調整するためにかかる時間分を、作業料として請求されます。

一般的に3回まで無料のところが多く、それ以上の修正は別途かかるところがほとんどです。修正を依頼する際には、回数制限などを確認しておきましょう。

付加価値料(能力、知名度)

こちらはデザイナーの能力や知名度など、クオリティに関わる部分の費用です。

実務経験豊富で、凄腕のデザイナーほど、ここの価格が高くなります。趣味や副業の方が安いのは、ここが低いからというのも理由の一つです。

諸経費

こちらに関しては、諸々の手数料や手続きにかかる費用などが含まれます。

無料でつくれるロゴサイトってどうなの?

さて、相場と内訳を理解したところで、

「なんか思ってたよりも高い…」
「ちょっと予算が足りないかも…」
「自分で作ろうかな…」

というように考えましたか?
もちろん、個人で短期的に使うロゴならそれでもいいと思います。

ただ、企業で使う場合や、ビジネスで使うロゴをケチるのはおすすめしません。

  • 素人っぽいロゴの企業を、完全に信頼することはできますか?
  • きになる商品のHPが素人っぽかったら、クレジット決済するの怖いですよね。

ビジネスにおいて、信頼は重要です。

せめてロゴだけはケチらずに、プロに任せることを強くおすすめします。

SNSでデザインの知識を発信をしています

» Twitter(デザイン知識の発信や、日常の活動を発信しています)
» standfm(スキマ時間に音声でデザインを学べます)