デザインが学べる無料学習サイト

【初心者必見】簡単に真似できるロゴデザインのアイデア発想方法3選

Logo

初心者「ロゴデザインをつくるときにプロはどうやってアイデアを出していいるの?発想方法を教えてほしい!」

現役フリーランスデザイナーのてれすた(@telesta_design)が、こんな疑問にお答えします!

本記事の内容

  • プロが実践するロゴデザインの発想方法
  • どうしてもアイデアの出ないときの対策

この記事を書いている私は、デザイン実務歴5年のフリーランスデザイナーです。
デザイン専門学校卒業、デザイン会社勤務経験やフリーデザイナーの経験をもとに、記事を書いています。

詳しい経歴はプロフィールをご覧ください

プロが実践するロゴデザインの発想方法

【初心者必見】簡単に真似できるロゴデザインのアイデア発想方法3選

ロゴデザインを作成するとき、なかなかアイデアが浮かばなくて苦労しますよね。

そんな時に実践している、アイデア出しの方法は下記の3つです。

アイデアの発想方法

  • インプット
  • 形状を変えてみる
  • 1日寝かす

順番に解説していきます。

ロゴデザインの素材をインプットする

制作前に必ず行うのが、インプットです。

具体的な方法はこちらです。

インプット方法

  • 制作イメージに近いロゴをたくさん見る
  • モチーフのイラストや種類など知識をつける

これらを制作前に行ないます。

たとえばサッカーボールをモチーフに、ロゴマークを制作したい場合。
サッカーボールのイメージは「白黒の丸いボール」しかありません。そのイメージだけではアイデアの材料として不足しているため、様々な種類のボールを調べて見てみたりします。

インプットをすることで、アイデア出しがスムーズにできるようになります。

日頃からインプットしておくことも重要ですが、直前にインプットすることも忘れずに行うようにしましょう。

形状を変えてみる

【初心者必見】簡単に真似できるロゴデザインのアイデア発想方法3選

インプットをおこないモチーフを制作してみたものの、なかなかうまくいかない。という場面に直面するはず。

しかも、例題のようなサッカーボールがモチーフでは、多くの方が丸い形しか浮かびませんよね。

そんな時は、常識にとらわれずに形状を変えてみましょう。

たとえば、四角くしたり、立体的にしてみたり、もっと抽象的な形にしてみたり。

サッカーボールだからといって、丸じゃないといけないワケではありませんよね。あくまでもロゴデザインのモチーフなので、頭を柔らかくして柔軟な発想を心がけましょう。

1日寝かす

【初心者必見】簡単に真似できるロゴデザインのアイデア発想方法3選

ここまで紹介した方法をためしてみても、アイデア出しがうまくいかないことはあります。

初心者だけの悩みではありません。プロになってもおなじです。何年もデザインと向き合っていても。アイデアが出ないときはなんにも出ません。

そういう時は、一度作業を中断して休憩しましょう。

  • 散歩をして外の空気を吸ってみたり
  • 気分転換をしてみたり

他にも、次の日から作業を再開することで違和感のある場所に気づくことが出来ます

デザインは非常に集中力のいるお仕事です。

無理して作業するよりも、適度に休憩しながら制作してみるといいですよ。

まとめ

それでは、今回の内容を要約していきます。

プロが実践するアイデア出しの方法は下記のとおり。

アイデアの発想方法

  • インプット
  • 形状を変えてみる
  • 1日寝かす

具体的なインプット方法は、下記の2つをご紹介しました。

インプット方法

  • 制作イメージに近いロゴをたくさん見る
  • モチーフのイラストや種類など知識をつける

これらを制作前に実施することで、アイデアが出ないでただ悩むより、圧倒的に効率よく制作ができるようになります。

ぜひ実践してみてください。

SNSでデザインの知識を発信をしています

» Twitter(デザイン知識の発信や、日常の活動を発信しています)
» standfm(スキマ時間に音声でデザインを学べます)