【簡単3ステップ】フリーランスになるために必要な手続きを解説

2022年9月29日

【簡単3ステップ】フリーランスになるために必要な手続きを解説

フリーランスになりたいんだけど、具体的に何をしたらいいんだろう?

必要な手続きや、準備しておくといいものを教えてほしい!

こんな疑問に、フリーランスデザイナー歴2年半のてれすた(@telesta_design)がお答えします!

フリーランスになるための手順って、なんだか難しそうですよね。

でも実は、1日もあればフリーランスになることができるんです。

誰でもできるぐらい簡単なので、この記事を見ながらフリーランスデザイナーになっていきましょう。

フリーランスになるために必要な手続き

【簡単3ステップ】フリーランスになるために必要な手続きを解説

フリーランスになるための手順は、下記のとおり。

フリーランスになるための手順

  • 事業用のクレジットカード、口座を作る
  • 健康保険と年金の手続きをする
  • 開業届をネットで提出する

これだけです。

「なんだか難しそう…」と思っていた人は、かなり驚くはず。

もちろん、人によっては「あった方がいいもの」「やっておいた方がいいこと」は存在します。

まずは最低限必要なことを理解していく。そして後半で紹介する「やっておくといいこと」を見ながら、必要そうなものをピックアップしてみること。

この順番で理解していくことで、「あなたに必要なものリスト」が見えてくるはずです。

それでは、全員に共通する手順を順番に解説していきます。

事業用のクレジットカード、口座を作る

「事業用の口座」と「クレジットカード」を作っておきましょう。

必ず会社を辞める前に作っておきましょう。会社を辞めてからでは、審査が通りづらくなってしまいます。

口座とカードは会社員のうちに作っておこう!

おすすめのクレジットカード

クレジットカードはどこでもOKです。

のちほど紹介する銀行口座と連携できるものであれば、困ることはないでしょう。

おすすめのクレジットカード

ほしいポイントから選んでもいいですし、楽天銀行と楽天カードのように統一させてもいいですね。

おすすめの銀行口座

銀行口座もどこでもOKです。

24時間取り引きができるネット銀行だと、急ぎの振り込みなどにも対応できて便利です。

私がおすすめするのは、下記のとおり。

おすすめの銀行口座

私は3つとも利用していますが、どこもとても使いやすいネット銀行です。

この他の口座でもOKですが、悩んでいるならとりあえずここで損はしないはずですよ。

好きな口座を選んでね!

健康保険と年金の手続きをする

フリーランスになるときに市役所で行う手続きは、下記の2つです。

市役所で必要な手続き

  • 国民健康保険に加入する
  • 国民年金に加入する

これだけです。

市役所の市民課とかに行き、申請書を書き、提出するだけでOKです。

混み具合にもよりますが、30分ぐらいでサクッと終わるはずです。

めちゃくちゃ簡単だよね〜

開業届をネットで提出する

税務署に、1つだけ書類を提出する必要があります。

税務署に提出するもの

  • 開業届

これだけです。

しかもネットで申請することができるので、驚くほどサクッと終わります。

開業届を出す方法は「開業freee」を使って、ポチポチするだけです。それでOK。

簡単すぎてびっくりするはず〜

ネットよくわからない場合は、税務署HPから必要な書類を印刷し、手書きで書いて、郵送するって方法もあります。

フリーランスになるために、やっておくといいこと

【簡単3ステップ】フリーランスになるために必要な手続きを解説

これまでご紹介した3つは、フリーランスとして開業するなら必須です。

その他にも「これやっとくといいかも」というものがいくつかあるので、後半は「やっておくといいこと」をご紹介していきます。

やっておくといいこと

  • 会計ソフトを導入する
  • 本で知識をつけておく
  • 名刺を作る

自分に必要そうなものがあれば、やってみてね!

会計ソフトを導入する

フリーランスになると、「確定申告」「経費」「売上管理」「請求書や領収書の作成」などの業務が発生します。

それらの重たくて難しい業務を、サクッと簡単にできるようにしてくれるのが会計ソフトです。

有名なもので、おすすめの会計ソフトは下記の3つです。

おすすめの会計ソフト

どれも良いサービスなので、まずは無料お試し期間で使ってみてください。

できることはほぼ同じなのですが、若干操作感が違います。

そのため、自分が使いやすいものを導入すると失敗しません。

私のおすすめは、断然freeeです。

弥生やマネーフォワードを試したら、操作がわかりづらくストレスに。

freeeは今っぽいわかりやすいサイトで、サクサク直感で使うことができました。

freeeはとにかく使いやすかった!デザインもいい!

こちらの記事で詳しくレビューしています

本で知識をつけておく

フリーランスになるために必要な手続きなどは、これまで紹介した通り簡単にできます。

しかし、最低限必要な知識というものを学んでおかないと、あとで困ることになるでしょう。

そこでおすすめなのが、本で知識を学んでいくことです。

フリーランスになる人におすすめの本

[itemlink post_id="10935"]

[itemlink post_id="10943"]

これらの本は、フリーランスになると決めたら必ず読んでほしいものです。

その他にも12冊のおすすめ本を、下記の記事で紹介しています。そちらもぜひどうぞ。

名刺を作る

クラウドソーシングなどオンライン中心で働く人の場合、名刺はほぼ不要です。

クライアントと対面で会うことがないので、名刺交換する場面がないんです。

でももし対面でクライアントに会う機会があるのであれば、名刺を持っておいた方が安心です。

作り方は下記で紹介しています。

必要な人は読んでおけば、名刺作りが簡単にできます。

まとめ

【簡単3ステップ】フリーランスになるために必要な手続きを解説

フリーランスデザイナーになるための手順

  • 事業用のクレジットカード、口座を作る
  • 健康保険と年金の手続きをする
  • 開業届をネットで提出する

これだけです。

そのほかにやっておくといいことは、下記の3つです。

やっておくといいこと

  • 会計ソフトを導入する
  • 本で知識をつけておく
  • 名刺を作る

自分に必要だと思ったら、こちらもやっておきましょう。

読んでわかったと思いますが、フリーランスになるために必要なことは少ないんです。

少ないってわかったら安心するよね笑

ぜひこの記事を見ながら、フリーランスの準備を進めてみてくださいね。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

ちょびっと宣伝です

デザインをやっていくと、「プロと自分にはどうしてこんなに差があるのか…」と疑問に思うことがありますよね。

下記のミニ講座で、そんな疑問にお答えしています。

》》【デザイン力の限界を突破する】脱初心者を目指す思考法を大公開

下記教材では、営業が苦手なフリーランスのために、営業しない案件の取り方を解説しています。

》》営業しないで、Twitterから案件を獲得する方法【月10万円を達成する】

-フリーランス