デザインが学べる無料学習サイト

【永久保存版】フリーランスの経費にできるもの・できないもの

フリーランス

初心者どこまでが経費なの?経費にできるものって一体何?在宅なんだけど家賃は…?

こんな疑問にお答えしていきます。

▼まだフリーランスじゃない方は、こちらの記事を参考にどうぞ

フリーランスって一体どこまでが経費になるの?

【永久保存版】フリーランスの経費にできるもの・できないもの一覧表

ざっくり結論から言ってしまうと、仕事で必要なものなら全て経費になります。

例えば、仕事で使うものだけど、たまにプライベートでも使う場合。これでも経費になります。

でも実は、これは経費で落とせるという明確な基準はないんです。

経費になるか判断する唯一の方法

経費になるかどうかは自分で判断しなくてはいけません。

その際、経費になるかどうかの基準は下記の通りです。

経費になるもの

  • 仕事に関係するもの
  • プライベートで使うけど、仕事でも使うもの

経費にならないもの

  • プライベートでしか使わないもの
  • 仕事と関係のない支出全て

上記の基準を元に、自分で経費かどうか判断する必要があります。

疑われた際に、仕事で使うと言い切れるのであればそれは経費になります。

ただこれではよくわからないと思うので、具体例をたくさん上げていきますね。

フリーランスの経費にできるもの一覧表

【永久保存版】フリーランスの経費にできるもの・できないもの一覧表

一般的に経費にできるものは下記の通りです。

経費にできるもの一覧(勘定科目別)

交通費 電車賃やバス、タクシー代 など
交際費 接待、クライアントへの贈り物 など
消耗品費 ノート、ペン、コピー用紙 など
新聞図書費 本、電子書籍 など
外注費 外部に委託した際の費用
支払手数料 振込手数料、ココナラの手数料 など
広告宣伝費 Instagram広告費、リスティング広告費 など
通信費 インターネット利用料、サーバー代 郵送費 など
地代家賃 家賃、駐車場代 など
水道光熱費 電気代、ガス代 など


ざっと上げるとこんな感じです。

フリーランスの経費でよくある質問

【永久保存版】フリーランスの経費にできるもの・できないもの一覧表

ここまで聞いた内容をより深く理解していきましょう。

経費に関するよくある質問をまとめましたので、参考にしてみてくださいね。

家賃は経費になるってホント?

結論、経費になります。

フリーランスの方の多くは、自宅で仕事をしますよね。その場合は家賃を経費に計上することができます。

ただし、家賃全額はNGです。

自宅はプライベートでも使用するため、全額ではなく、一部経費になるというのが正解です。仕事をしているスペースが家全体の3分の1であれば、家賃も3分の1が経費になります。

領収書の保管はどうやってる?

何かを購入した際は、領収書をもらうようにしましょう。

そしてファイルなどに保管します。保管方法は自分のやりやすい方法で良いと思いますよ。

領収書がなければ、レシート。レシートがなければ出金伝票に記入して、保管しましょう。

出金伝票とは?

出金伝票とは、領収書やレシートがない場合に、出費を証明するための紙です

百均とか文房具屋にいけば用紙が買えます。その用紙に、日付や金額を手書きで記入すれば、領収書やレシートの変わりになります。

てれすたInstagram広告とかのネット経由の出費は、出金伝票をよく使うよ

日々の経費の管理ってどうしたら良いの?

日々の経理管理ができないと、確定申告が鬼作業になります。

経理の経験がないのであれば、会計ソフトで管理することをおすすめします。

経理は会計ソフトでラクしよう

【永久保存版】フリーランスの経費にできるもの・できないもの一覧表

会計ソフトを使えば、日々の経理が簡単にできるようになります。

難しい専門知識が必要なくなり、記入も簡単なので、ぜひ導入しましょう。

確定申告も圧倒的にラクになりますよ。

おすすめの会計ソフトは3つ

有名な会計ソフトは下記の3つです。

  • freee←使いやすくておすすめ
  • 弥生
  • マネーフォワードクラウド会計

3つとも無料体験をしてみた結果、freeeを使うことにしました。

スマホでもPCでも使いやすい画面で、Q&Aが多く、初心者でも使いやすいですよ。

てれすたこの3つならどれを選んでも間違いなし。無料期間を使って、どれが自分に合うのか試してみてね

▼経理を粗末にするとヤバいことに…

まとめ

いかがでしたか?

仕事で必要なものなら全て経費になります。

ただ、経費で落とせるという明確な基準はないことも説明しました。

一覧表を見たり、仕事で使うかどうかを基準に判断してくださいね。

それでは!