デザインが学べる無料学習サイト

フリーランスは本当に儲かる?仕組みと収益UPのコツ【最高1億】

フリーランス

初心者フリーランスデザイナーって稼げるの?会社員との比較が知りたいなぁ

こんな疑問にお答えしていきます。

▼まだフリーランスじゃない方は、こちらの記事を参考にどうぞ

フリーランスは会社員より儲かる仕事なのか?

儲けている人はわずか数パーセント、フリーランスで儲けるのは非常に難関です…。

しかし、年収の最高額はフリーランスの方が高いというのもまた事実。

では会社員と比べてどうなのか、様々な観点から比較してみましょう!

年収平均金額を比べてみる

  フリーランス 会社員
年収平均金額(最低) 0円 300万円
年収平均金額(最高) 上限なし 530万円

上記の通り、会社員であれば最低300万円、最高530万円ほどの年収が見込めます。

しかしフリーランスは、歩合制のようなもの。

儲ければ儲けるほど年収はあがりますが、逆に儲からなければ0円なんです。

てれすた非常に厳しい世界!みんなが儲かるって一概には言えないね

もし、上位数パーセントになれたら確実に儲かります。収入も1000万越え、中には1億近いフリーランスの方もいます。

参考までに、マナブさんという超有名トップブロガーの方の年収もみてみてくださいね。ホントに1億近い収益を叩き出していますよ

>>マナブさんの年収(manablogへ移動します)

どうやったらフリーランスで儲かる仕事ができるのか

フリーランスは会社員よりも儲かる可能性があると説明しました。

それではどうやったら、儲けることができる仕事ができるのか。

さまざまな方法をご紹介していきます。

儲けるためには、仕事選びがとっても大切

儲かるための方法は様々ですが、どんな職業にするかも大切な要素になります。

例えば、

  • エンジニア・プログラマー
  • コンサルタント
  • ブロガー
  • WEBデザイナー、WEBコーダー
  • デジタルマーケティング
  • デザイナー など

以上の職種はほんの一部ですが、実力次第で儲けることができる職業です。

これらの職種に共通すること。それは、高い専門性です。

てれすたつまり、誰でも簡単にできる仕事ではダメってこと

専門性の高い職種は、なぜ儲かるのか?

専門性の高い職種は、誰でもできるような仕事ではありませんよね。

そのため一回の単価も高いので、儲けることが可能ってことです。

企業案件を受注すれば儲けることも可能

これは確実に言えることです。

なぜなら個人より、企業案件の方が圧倒的に予算が大きいからです。

  • 単発の仕事のあとも、断続的に受注できる可能性が高い
  • 単発受注であっても、提案次第で仕事が増える
  • 莫大な予算がある など

企業案件はどんな職種であっても、重要視したいところです。

てれすた個人にしか営業していないなら、稼ぐのは難しい

フリーランスで儲けることができる人の特徴は?

仕事ができる人にも必要な能力です。具体的には下記の通り。

  • 技術の高さ
  • 営業力
  • 提案力
  • 責任感の強さ

仕事の質が高いのはもちろん、営業力や提案力なども総合的に必要です。

しかし現実問題、これらの条件を満たすことは難しい。

初心者トップになるにはものすっごい努力と才能が必要なんだね

てれすた上位数%の人材にならなきゃ行けないね

まとめ:職種×能力×企業案件が儲かるコツ

いかがでしたか?

フリーランスは会社員より稼ぐことができます。

しかしやはりどの分野でも、稼ぐことは簡単ではないことも理解できましたよね。

まずは専門性の高い職を極めることから始めてみましょう。

ほんの一部ですので、ぜひ他の記事も確認してみてくださいね。

それでは!