デザインが学べる無料学習サイト

美大以外でもデザイナーになれる【あなたの努力次第で可能性は無限】

デザイン

初心者デザイナーになりたいけど、美大にも行ってないし今更無理だよね…

てれすたいや、むしろ美大卒の人の割合ってすくないよ。

初心者え!だって美大ってデザイナーになる人が行く学校じゃないの?

てれすた確かにそうだけど、美大いかなきゃだめなんて事まったくないからね。ちょっと説明していくね

美大に通わなくてもデザイナーになれる方法はある

美大以外でもデザイナーになれる

まず最初に、美大に行かなくてもデザイナーにはなれます。安心してください。

なれないなんて言われたなら、その人は業界を知らないか、プライドが高いだけです。

あきらめる必要はありませんよ。ただそれなりの努力が必要です。

 

今回はなぜ美大じゃなくてもいいのか、

実際にどうすればデザイナーになれるのかをご説明していきます。

本当にデザイナーになりたい人だけ、見てくださいね。

 

実はデザイン会社に美大卒の人はあまりいない

私はデザイン会社に勤め、大手印刷会社や大手空間デザイン会社、制作会社など、たくさんの方とお仕事をしてきました。でも美大卒の人って少ないんですよ。

普通の大学に行っていたり、デザイン専門学校や、職業訓練校で学んだ人。未経験でアルバイトからはじめた人など。つまり、美大は一つの選択肢にすぎないということ。

これを知っている人は、業界人以外はいないと思います。

 

じゃあなぜデザイナー志望の人は美大に行くのか?

それはあなたの知っている通り、デザインについて学ぶ事ができるからです。この認識は間違っていません。ただ、デザイナーは資格が必要なわけでもないので、美大に行かなければなれないという事は全くありません。

 

美大以外でデザイナーになる道

美大に行かない場合も、デザイナーになるための道はたくさんあります。

  • デザイン専門学校
  • デザインの通信講座で学ぶ
  • 職業訓練校に通う
  • アルバイトから始める
  • 未経験募集の求人に応募する
  • 独学 など

それでは実際にこれらの道を進むにはどうすればいいか説明していきます。

 

美大に通っていないなら、それ相応の努力をすればいい

美大に通っていないなら、それ相応の努力をすればいい

第一章で美大に行くことがすべてではないと説明しました。じゃあどうすればいいのか。

答えは簡単で、そのほかの方法で努力すればいいだけ。それだけです。

 

[jin-fusen3 text=”例えば”]

【独学でデザイナーを目指す人の場合】

本で最低限の知識を身に着け、技術を学び、習得する。そしてオリジナルの作品を作れるところまで成長できればOK。

あとは未経験OKの求人に応募するか、アシスタントなどの比較的簡単なアルバイトから始めればいいんです。

独学でもデザイナーになれる【最短でデザイナーになる為の勉強方法】

ただし、独学が一番きついです。周りに頼れる人がいないなら、なおさら時間がかかります。デザインの良し悪しを見てくれる人もいないなら、結構空振りしそうなので、独学だけっていうのはおすすめできません。

 

一番おすすめのデザイナーへの道

もちろんデザイン専門学校に行くことが一番だと思います。仲間もいるし先生もいるし2年でほぼ確実にデザイナーになれるので。

ただ今回は、美大じゃないって悩んでいる時点で、他の進路に進んでいるか、社会人かだと思うので、その選択肢は難しい状況だと思います。なので、今回は専門学校以外の方法で選びますね。

 

一番のおすすめは、

通信講座もしくは訓練校で学び、未経験で就職してしまうこと。これを一番お勧めします。

なぜなら、Adobeのソフトが操作出来て、下手でもデザインが作れるなら、結構希望があるからです。

新卒でデザイナーに就職する10のステップ【ライバルに差を付けろ】

就職できる最低ラインは『ポートフォリオが作れること』それさえできるなら、現場にはいってもまれる方が、かなりはやく成長できます。

デザインでおすすめの通信講座は『たのまな』です。

でも未経験だと書類選考だけで落とされるんじゃないの?

そう思いますよね。実際に応募したけどいつも書類選考でおとされてしまう…そう悩んでいるなら『資格』を取ってしまいましょう。

以前の記事でも、資格は必要ではないと説明しました。がしかし、書類選考に通らない、もしくは初めから落とされるのは避けたい。という場合は資格とりましょう。

取っておくことで書類選考で落とされる可能性がグッと下がります。

 

美大以外でもデザイナーになれる:まとめ

今回は美大にいけなかったから、とあきらめようとしている人に向けて書きました。

このブログではデザイナーになりたい人を応援しています。

それでは!