デザインが学べる無料学習サイト

【現役デザイナーが伝授】色の組み合わせを学んでレベルアップしよう

デザイン

初心者色選びが苦手なんだけど、どうしたらいい?色の配色を知りたい!

こんな疑問にお答えしていきます。

本記事では、今まで色選びが苦手だった人でも、読み終えたあとすぐにおしゃれな色の組み合わせができるようになります。

色の組み合わせで、デザインはグッとおしゃれになる

色の組み合わせを基礎から学んで習得しよう【現役デザイナーが伝授】

色の組み合わせはプロでも難しいもの。

初心者のうちは無理せず、配色の本やサイトに頼ると、簡単におしゃれな色合いが作れるようになりますよ。

時間がない方は記事下まで一気にとんでください>>色の組み合わせを簡単に学ぶ方法

色の組み合わせが下手だと一気にダサく見えてしまう

デザインを作るときに、なんだかダサく見えるときありませんか?

そんな時は色の組み合わせに問題があるのかも。

ダサく見える以外にも、配色がデザインにとってどれだけ重要か、下記に書き出してみました。

  • 色による心理効果を左右できる(黒は重そう、白は軽そう など)
  • 色の使い方次第で、信頼感や安心感を与えることができる(青は信頼感 など)
  • 色で企業ブランディングができる(赤と黄色はマクドナルド など)

それでは順番に解説していきます。

色による心理効果を左右できる(黒は重そう、白は軽そう など)

色には、相手に与える印象を変える力があります。

  • 淡いパステルカラーなら、柔らかそう、軽そう
  • 暗い深緑なら、硬そう、重そう など

人は見たものの色によって、上記のような感情を無意識に認識します

それをデザインにも活用することで、与えたい印象に導くことが可能になります。

色の使い方次第で、信頼感や安心感を与えることができる

色には、それぞれ見る人に与える印象が違います。

  • 赤→情熱的、興奮感、活発、元気
  • 青→真面目、誠実、クール、冷血 など

これらを活用すると、

銀行のロゴを青系にするだけで、信頼感や誠実な雰囲気を与えることができます。

色で企業ブランディングができる

上記で信頼感、安心感を与えることができると説明しましたが、これを応用すればブランディングも可能になります。

  • 緑といえば→ニトリ、ファミマ、セブン
  • 青といえば→Facebook、ANA、サントリー

このように、上手にブランディングできていれば、色と連想して企業が思い浮かぶようになりますね。

色の組み合わせを簡単に学ぶ方法

色の組み合わせを基礎から学んで習得しよう【現役デザイナーが伝授】

色の重要性がわかったら、いよいよ実践で使える方法をご紹介します。

  • 配色本
  • 配色のWEBサイト

このどちらかを、デザインをする際に常に参考にしていくことで、配色が理解できるようになります。本がいいか、WEBがいいかは好みで決めてしまって構いません。

お好きな方をお選びください。

色の組み合わせに悩んだときにおすすめの配色本

配色アイデア手帖 めくって見つける新しいデザインの本[完全保存版]

迷ったらこれだけ買えばOK。色の意味や心理効果など、最低限必要な情報のみ入っています。初心者にもわかりやすくまとめられていて、色について学ぶにはぴったりの本です。>>配色アイデア手帖

色の事典 色彩の基礎・配色・使い方

created by Rinker
¥298 (2021/10/25 23:51:23時点 Amazon調べ-詳細)

もっと色を本格的に学びたい!色彩検定とか視野に入れているなら、この本がおすすめです。自分で色の組み合わせを考える時の法則など、本格的な内容が全て入っています。>>色の事典

色の組み合わせに悩んだときにおすすめの配色サイト

色の意味とか印象はいいから、とりあえず配色パターンをたくさん見たい場合、下記のWEBサイトがおすすめです。

happyhues

予め用意された配色パターンをたくさん見ることができます。>>happyhues

colorsupplyyy

色彩の知識がないとわかりづらいですが、自分で様々な色の組み合わせを作ることができます。>>colorsupplyyy

今回のレベルアップ課題

色の組み合わせを基礎から学んで習得しよう【現役デザイナーが伝授】

今回、色の組み合わせについてお話ししました。

そこで、本記事の内容が復習できる課題を用意しましたので、本気の方のみ実行してみてください。

そして実行したら、ぜひTwitterでツイートしてみてくださいね。誰かに反応してもらえることで、モチベーションも仲間も増えますよ。

てれすたもちろん、私もあなたを全力で応援するよ

今回の課題内容

色の組み合わせを学ぶ方法を4つご紹介しました。そのうち1つもしくは複数を活用して、何かのデザイン制作に役立ててみてください。

なんでもOKですよ。落書きの配色でも、ロゴでも、ヘッダーでも、ブログでも。

てれすたまずは配色でこんなに変わるんだということを実感してみてね

まとめ

いかがでしたか?

色の組み合わせを学ばないと、

  • なんかダサいデザインになってしまう
  • 色の効果が得られない、意味のないデザインになってしまう

これを克服するために、まずは課題に取り組んでみてくださいね。

それでは!